HOME > 医院紹介 > 口の中の清掃用具

口の中の清掃用具

スケーリング

スケーラ-という器具を使って、歯についた歯垢、歯石、ヤニなどを機械的に除去します。


スケーラー

スケーリングの様子



歯ブラシ


歯ブラシの選び方

植毛 縦3列

毛先の長さは前歯2本分くらい


ゆたか式 歯ブラシ方法

歯ブラシで磨く順序

歯ブラシは縦に持ちましょう


  1. 右上の一番奥の歯の裏側の歯ぐきから歯ブラシの毛先を軽く押し当てながら、前方に移動させます。この時、歯ブラシは歯と平行にして縦に持ちます。
  2. 右上の裏側 → 左上の裏側 → 右上の頬側・唇側 → 左上の頬側・唇側 と続きます。
  3. 次に、右下の裏側 → 左下の裏側 → 右下の頬側・唇側 → 左下の頬側・唇側 と同様に磨きます。
  4. 奥の歯から、歯の裏側から磨くことにより、磨き残しを減らすことができます。また歯ブラシを縦にすることにより、歯並びが悪いところも、汚れが取りやすくなり、歯ぐきに押し当てることで、歯ぐきマッサージもでき血行がよくなります。


舌ブラシ

ブラシ面を舌にのせ、舌の奥から手前に汚れをかき出すようにゆっくり引いて使用します。
舌ブラシの交換は1か月が目安です。


舌ブラシ

使用例



歯間ブラシ

歯と歯の間や、歯と歯肉の間の汚れ(歯垢、食物残渣)などを除去する道具です。
歯間ブラシにはいくつかのサイズがあります。
歯と歯の隙間の大きさにあったものをお選びください。


歯間ブラシ

使用例



デンタルフロス


フロスを約40cmくらいの長さに切り、両端を両手中指に約15cmの間隔でまきつけます。
両手の親指と人差し指で1~2cmの間隔でフロスをぴんと張ります。
斜めにのこぎりをひくように優しく前後しながら、歯間部の歯の面に沿うように挿入します。
ゆっくりのこぎりをひくようにしながら上下に動かし、隣り合った歯の面を磨くようにして歯垢をとります。


デンタルフロス

使用例