HOME > 治療内容 > 口臭

口臭

口臭の原因はいくつかあります。

舌の苔(こけ)

舌苔(ぜったい)と言いますが、舌に本当のコケが生えているわけではありません。
歯でいう歯垢のようなものが舌に付着してコケのように見えているだけです。

ストレスや加齢によって唾液の分泌が少なくなるとこのようなものが増えてきます。

予防方法:舌ブラシで取る

歯ブラシで舌をこするのはやめましょう。歯と比べると舌はデリケートですので傷つけてしまいます。

歯肉炎

予防方法:スケーリング(歯に付いた汚れや歯石をとります)、正しいブラッシングデンタルフロス

歯肉炎についてはこちらをご確認ください。

歯周病(歯槽膿漏 しそうのうろう)

歯周病(歯槽膿漏)は、歯石が歯に付着することにより、歯ぐきが炎症を起こし、また歯ぐきが腫れて出血したり、時には膿がでてしまいます。
口の中のひどい汚れ不快な臭いの原因となります。

予防方法:スケーリング、正しいブラッシング歯間ブラシデンタルフロス

正しい歯磨きで歯の汚れをつけないようにしましょう。

歯周病(歯槽膿漏)についてはこちらをご確認ください。

たばこのヤニ等の付着によるもの

たばこに含まれるタールやニコチンが歯の裏側などに付着してヤニ臭くなります。
また、ニコチンは血液の循環を悪くし、唾液の分泌を抑えます。
これにより、口の中の細菌が増え、口臭が発生したり歯周病につながったりします。

予防方法:スケーリングエアーフロー